FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二冊目 みるみるプログラミングがわかる本

プログラミング
著者 掌田 津耶乃
単行本: 264ページ
出版社: 秀和システム
定価 1620円



プログラミングについてほとんど知識がなく、興味があったので購入。

プログラミングの手ほどき本というよりは、コンピューターそのものについての知識、各言語の簡単な紹介となっている。
初心者向けというよりは入門前に読んでおくという本。

文体が口語調で読みやすい。
 第一章はプログラミングの世界に入る前に必要な知識を非常に簡略化して書いているので、知識のほとんどない入門者や、大学で始めてプログラミングを学ぶような人は読む価値がある。
 第二章はひたすら各言語の解説となっている。
といっても、コマンドなどが書いてあるのではなく、言語の生まれた経緯や、現在の評価が書いてある。さらに、学習の難易度のランクが書いてあるので、「プログラミングにはちょっと興味はあるけどなにからやったらいいのかわからない」という人や「言語がいっぱいありすぎてどれをやったらいいのか」という人には調度よい本となるだろう。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。